マメである人はもてるでしょうか。それはいろいろと意見の別れるところかもしれませんね。
確かに、連絡をマメにとるような人はチャンスが多いわけですから、可能性は広がるでしょう。
相手にもいい印象を持ってもらえるかもしれません。少なくとも覚えてもらえるでしょう。

もてるためには自分の存在をアピールできていなければ始まらないという部分はあるでしょうから、マメである事は必要だともいえるでしょう。しかし、マメであるために失敗するということもないわけではないでしょう。チャライとか軽いとか思われたりもするかもしれません。
それに、マメであると思われているがゆえに、ちょっと連絡を出来なかったりしただけで無視されたとか嫌われたと思われる可能性があるわけです。要するに、マメな人はいつまでもマメでなくてはいけないということにもなります。

よく言われることですが、いつも不機嫌そうな人が普通にしているだけで機嫌がよさそうに思われたり、ちょっと笑顔を見せただけでかなりの好印象をあたえるということがあります。
それと同じでマメではない人がちょっと頑張っただけで、凄い効果を挙げるということがあるわけです。ギャップの効果をうまく使えるというのはマメでない人のほうがあるということにはなるでしょう。

マメな人がマメじゃなくなったらそのギャップはただマイナスポイントになるだけですからね。それでもマメである方が確率的には高いでしょうね。アベレージで行けばマメである事は恋愛では有効だといえそうですね。

Tags:

Comments are closed.