恋について

関係を長続きさせるには、不満をためないことが重要!

月曜日, 6月 11th, 2012

恋人が別れるのは抱えている不満を解消しないことが原因になることが多いかも知れません。それは、結婚している場合でも同じでしょうね。
不満といっても特に大きなものでないことも多いはずです。
ほんのちょっとしたもので、一つ一つは特に気にならないようなものかもしれません。でも、そんな小さな不満が蓄積されることで感情の行き違いが増えてくるわけです。

本来はお互いに惹かれあっている関係であったとしても、そんな小さなことの積み重ねが決定的な亀裂となってしまうことがあるのです。
そんな状態になってしまうと解決策はなかなか見つからないでしょう。なぜならば、解決しなくてはいけない問題がひとつではないからです。
そもそもその問題というのも何であるのか本人もわからなかったりします。原因自体もわからないような不満の蓄積があるということですね。

もし、関係を続けさせていきたいと思うのであれば、小さな不満をためていかないということが大切です。我慢できるようなことや取るに足らないことでも、相手に伝えるということが必要です。
その不満が解決しなかったとしても、相手に伝えることで解消に向かう可能性はあるわけです。

言わないで我慢することで解決することはありません。もちろん、解消されれば言うことはないでしょうから、穏やかに不満があれば伝えて何とか解消するようにすべきでしよう。
そのときには決して感情的にならないように注意しなくてはいけません。余計な不満をためることになりかねませんからね。

最後の恋

火曜日, 12月 27th, 2011

「これで最後」
私はそう思っていた恋愛がありました。

「この人でダメだったらきっと、私は他の人とも上手くいかない」
そう感じるほどに「しっくり」くる人だったんです。

似てる部分も沢山ありましたが、真逆の部分も沢山持ち合わせていた私達。
似ている部分は共感しあえていたし、真逆の部分は新しい発見を得られたり、時にはフォローしあえたり・・・何もかもが上手くいっていました。

何もかもが上手く行き過ぎていたのかもしれません。
小さな「行き違い」が大きなヒビとなっていきました。

徐々に空気が澱んでいくのが私にも分るような状況が続いていました。
しかし私にとっては「最後の恋」。そう簡単に終わらせたくない(`・ω・´)!
そんな気持ちで何とか修復できないものかと考えあぐねていました。

結局は、何をしても事態は好転することはありませんでした。

恐らく、あの時は「最後の恋」と思っていたがために意地だけで修復しようとしていたのかもしれません。
1番大切な「彼を思う気持ち」を置き去りにしていたのかも。

そうして終わってしまった「最後の恋」でしたが、どうやらそれは最後の恋ではなかったようです(苦笑)

身勝手なもので、時期がたつと人はまた誰かを好きになってしまうものなんですね・・・。

追う恋

火曜日, 12月 7th, 2010

あなたは「追う」恋と「追われる」恋とどちらが好きですか?これは男女問わず意見はそれぞれだと思います。「追う」恋が好きな人は、きっと積極的で自分の理想の恋愛の形があるのでしょう。

「追われる」恋が好きな人は、自分に自信があってわざと気のない素振りなどをしてみたりするのかも知れません。どちらにせよ、恋は素敵です。「追う」恋はまっすぐな人が多いですね。まっすぐすぎて相手の立場を考えられないところが弱点です。また、せっかちにもなってしまいがちです。

「追う」恋の悪いところは、自分の中に理想の形があるため、それに近づけようと枠組みを作ってしまうところです。そして、その恋がかなわなかった場合は、ともすればストーカーになってしまいやすいのが怖いところです。

「追われる」恋をする人はきっと相手が「追う」恋をするタイプなのだと思いますが、特にこの二人が相性がいいわけでもありません。「追われる」恋をするタイプの人にもどこまで引っ張るかなどの戦略があります。

追われて追われて「じゃあ仕方ないなぁ」という感じで振り向いてあげることが多いです。ただ追われるだけでも面白くありませんし、相手の追い方によって態度を変えます。ですから「追う」恋の人との相性は微妙です。