誤解が生じやすい?

誤解が生じやすい文字だけのメール

伝える事が難しい

メル友と最近では写メの交換をして顔を知ってるケースもありますが、基本的には顔も名前も知らない相手とメールを通じて友達になる事です。
匿名性があるから、友達に言えない悩みや相談が言いやすいというメリットもありますが、メールで文字だけのやりとりでは、どうしても言葉のニュアンスまで伝える事が難しいというデメリットもあります。

ぶっきらぼうだと思われる

例えばメールで約束事をしてその返信を「了解」と送ったとします。
それだけでは相手は喜んで承諾をしてくれたのか嫌々OKしたのか文字だけでは伝わってきませんね。
特に短文のメールではぶっきらぼうな感じを受けてしまうので気をつけましょう。

気持ちを表現するには?

同じ承諾するにしても「了解♪」と記号をつける事で喜んでという意味を表現する事が出来ますし、笑ってる顔文字や、可愛い絵文字をつける事でもニュアンスは伝わります。
顔文字や絵文字をつけるのは自分のキャラクターに合わず抵抗がある。
という人の場合は「了解、楽しみにしています」と1文追加するだけでも、伝わり方は変化します。

言葉のニュアンスを伝える

リア友の場合はメールで誤解が生じても、実際に会った時に誤解を解くチャンスはありますが、メル友の場合、相手が誤解してると気づかないまま、関係がギクシャクしてしまいメールが続かなくなってしまう事もあります。
文字だけでは誤解が生じてしまう事があると、頭に入れた上で、メールを書く時には、誤解しにくいように、言葉のニュアンスが伝わるように努力して下さいね。

相手選びとメールテクニック

▲ TOP