読みやすいメールを書く方法

どんなメールが読みやすいのか?

キレイ、汚いはないけれど・・・

ノートだったら、書く字のキレイ、汚いが読みやすい読みにくいの基準になり、字が汚い人だったら、人に貸すノートは読みやすいように出来るだけ丁寧な文字を書こうと心がけますよね。
メル友では言葉は入力するだけだからキレイ、汚いはないので、意識はあまりしないかもしれませんが、読みやすいメールと読みにくいメールがあります。

改行と行間

例えば、長文で改行されていないメールはとても読みにくいです。
適度な改行と行間をあける事で見やすいメールになります。
一般的な目安は一行は30〜40文字で、3〜5行で行間をあけると見やすいです。
(パソコンの画面の場合で、携帯の画面ではまた別です。
特にパソコンから携帯メールに送る時には注意が必要ですね)

長文も短文もだめ?

また、半角カナを多用するのも読みにくくなる原因です。
内容は長文でだらだら書くよりも簡潔にまとめて、メールの内容が一目で分かる件名をつけましょう。
しかし短文すぎると無愛想で怒ってると誤解される可能性あります。

誤字脱字がないか確認

誤字脱字が多いメールも読みにくいですよね。
返事を早く送りたいという気持ちも分かりますが、メールを書き終わった後で、必ず一呼吸おいて、メールを読み返してみましょう。
漢字の変換ミスは意外と多いので気をつけましょう。

読みやすいメールを書く

いくらメールの内容が面白くても、毎回メールが読みにくいと読むのが面倒になってしまいます。
まずは読みやすいメールを書くように心がけましょう。
少し気をつけるだけで全然印象が違ってきますよ。

相手選びとメールテクニック

▲ TOP